トレンディ ライフ !!

暮らしに役立つトレンディな情報をお届けしてます!

幼児教育無償化=教育充実費!?今習わせておくべき事は!?

f:id:netstage:20191006094904p:plain

 

 

つい先日、我が子が通う保育園でも説明がありました、
10月からの保育園無償化についてです。
給食費や、教材費等は払わなければなりませんが、
現在払っている保育園費用よりはかなりお安くなる家庭が多いのではないでしょうか。

皆様は、その浮いたお金をどうされますか?
貯蓄?外食費?食費?旅行費用?選択肢は様々ですよね。

そもそもなぜ、幼児教育が無償化されたかというと、
安部総理大臣は①子育て世代の負担を軽くし、②すべての子どもが質の高い教育を、と提言しているようです。

①の負担を軽くするというのは頷けますが、質の高い教育とは一体なんでしょう。

私なりに考えてみたのですが、おそらく習い事などを増やされるご家庭が多くなるでしょう。
質の高い教育=習い事とは100%言い切れないのですが、

「習い事をさせてみようかな?」
「もう一つ増やしてみようかな?」

というきっかけにはなったはずです。
そこで、今私がオススメしたい習い事を2つ紹介したいと思います。

①硬筆、もしくは習字

現在学習系の教室でパートタイムをしておりますが、
ここ10年で圧倒的に増えているのが筆圧が弱く、きれいな字を書こうとしない幼児さんです。
「か」が「や」に見えたり、「ね」が「れ」に見えたりと教える側も「??」となるひらがなが毎日たくさん見られます。

原因としては、字を書く機会が減ってしまったことと、ゲームのコントローラー等も一因のようです。
コントローラーなどは強く押さなくても反応してくれますよね?
最近のお子さんは皆様まっすぐに線が書けないくらいの筆圧で小学校に入学されます。
そこでオススメしたいのが、お習字教室です。

「字を書けたらそれでいいでしょ?」

と思われているお母様もいらっしゃるとは思いますが、やはり読みにくい字は間違いに繋がったり減点につながったりします。
2020年からセンター試験ではなく、筆記タイプの大学入試に変わります。
前よりも字を書く機会が減っているのですが、大学入試という大事な場面で、字の汚さで減点されてしまってはいけません。

硬筆教室に通わせているママ友に聞きましたが、字を丁寧に書けるようになるまでには最低4年はかかるそうです。
現在幼稚園や保育園に通わせている方は早めの検討をしてみては!?

 

f:id:netstage:20191006095103j:plain

②英会話教室

もし万が一お子様に、ネイティブ級に英語を喋ってほしいとお考えのお母さまはぜひ急いでください!
子どもの脳は9歳前後で第一言語が確立されてしまします。
中学生を過ぎてからや小学校高学年からどんなに発音の勉強をしていてもネイティブに近くはなりますが、ネイティブには届かないのです。

日本はこれから多国籍化していく中で英語の比重は増えていくでしょう。
これからのお子様のことを考えて英会話教室というのは大事になってくるのではないでしょうか。
さまざまなタイプの教室がありますので、きちんと見学や体験を重ねて決めてみてください。

以上、私がオススメしたい2つの習い事でした。
お子様の将来を確かなものにするために早期教育できるところはしていきたいですよね。