トレンディ ライフ !!

暮らしに役立つトレンディな情報をお届けしてます!

運転中の日焼け対策! 車で日焼けしないための5選

f:id:netstage:20190828213402j:plain

 

 

毎日、車を運転していると気になるのが日焼けですね。

車の中だから日焼けしないわ、と思っていても、知らずのうちに片側だけ日焼けしてしまった・・ということありませんか?

今回は、運転中の日焼け対策についてご紹介します。

日焼け止めを塗る

f:id:netstage:20190828214230j:plain

まずは定番中の定番!日焼け止めを塗る。

車の中にいても、紫外線は浴び続けているので、運転する前には必ず日焼け止めを塗りましょう!

車の窓ガラスにUVカットフィルムを貼る

車の窓ガラスにUVカットフィルムを貼ると紫外線を防いでくれます。

年式の新しい車だと元からUVカットガラスが使われている車が多いですが、年式が古いものだと何も加工されていないので、そういった車は窓ガラスにUVカットフィルムを貼るのをおすすめします。

今は、紫外線を99%以上カットしてくれるものも多いので、もしあなたが乗っている車がUVカットガラスではなかったら貼った方がいいです。

ただ、UVカットフィルムを貼るのがとても難しいですよね。

私も貼ったことがありますが、必ず空気が入ってしまい見た目が残念なことに。

最近では、貼るタイプ以外にもスプレーやワックスのように塗るタイプが販売されているので、もし自分でチャレンジしたい方は、スプレーやワックスタイプを使うのをおすすめします。

紫外線カットのサングラス・メガネをする

f:id:netstage:20190828213833j:plain

どんなに日焼け止めを塗っても、UVカットフィルムを貼ったとしても、目に紫外線が当たると日焼けしてしまいます。

紫外線が目に入ると、脳が「日差しが入ってきた」と判断し、肌を守るためにメラニン色素を出そうとします。

しかし、そのメラニン色素がシミの原因となってしまうので、目も紫外線カットのサングラスやメガネをする必要があるのです。

アームカバーをする

アームカバーをして日焼けを防ぐ方法もあります。

使ったことがない人にとっては「アームカバー=おばさん、ダサい」というイメージの人もいる方と思いますが、最近ではデザインの可愛いものも多く販売されているので、若い子でも気軽に使えるアイテムになっていますよ。

紫外線カットの長袖を着る

アームカバーをするのが恥ずかしいという方は、紫外線カットされた長袖を着用するのもおすすめです。

普通の長袖でも半袖の時より日焼けを防いでくれますが、できたら紫外線をカットしてくれる機能がついているもの。

今は、オシャレな服にも紫外線カット機能がついたものもありますが、絶対に焼けたくない、効果が高いものがいいというなら、おすすめはアウトドアメーカーの長袖です。

アウトドアメーカーの長袖は、体を動かすために作られているので、即効性や伸縮性、耐久性などに優れています。

特に暑い夏に長袖を着ると汗をかいて着心地が悪くなってしまうこともありますが、アウトドアメーカーなら吸湿速乾機能が付いているものもあり夏でも着やすい。

普通の紫外線カット機能の長袖に比べた高めになりますが、機能性を考えるとアウトドアメーカーがおすすめですよ。

まとめ

車の中だとついつい日焼け止めを塗り忘れてしまい気がついたら片側が焼けていた・・ということが多いと思います。

特に暑い夏は数時間運転しているだけでも日焼けしてしまうので、上記で紹介した日焼け対策を試してみて

 

f:id:netstage:20190828214130j:plain