トレンディ ライフ !!

暮らしに役立つトレンディな情報をお届けしてます!

ツヤ肌を目指したはずがテカリ肌に…ツヤ肌とテカリ肌って何が違うの!?ツヤ肌の正しいメイク方法をご紹介します

f:id:netstage:20191129142344j:plain



 

最近メイクの流行として「ツヤっぽさ」が人気ですよね。
お肌が内側から潤っているようなツヤ感、目元のツヤ感など透明感のあるツヤが憧れな女性も多いです。

ただ何故かツヤ肌メイクをしたはずがただのテカっている人になっていたり、清潔感のある肌ではないベタベタした印象の肌に仕上がってしまったり何故かツヤ肌が上手くいかない!と悩んでいる人も多いのです。
そこで今回はツヤ肌とテカリ肌の違いと、正しいツヤ肌メイクのやり方をご紹介します。

 

f:id:netstage:20191129142600j:plain

 

ツヤ肌とテカリ肌の違いは?

なんとなく表面がツヤツヤしていて水っぽいのがツヤ肌のイメージですが、何故か「テカっただけの肌」のような仕上がりになる事があります。
ツヤ肌であれば凄く透き通ったような内側から滲み出る透明感があるのですが、テカリ肌は少しベタベタ脂っぽい印象の肌です。
その違いはどういうものなのかご説明します。

ツヤ肌の特徴は?

ツヤ肌の特徴はまずパッと見た時に光を反射するようなツヤ感と潤いに溢れた水々しさが感じられます。
清潔感もあり、肌荒れなどもない見た目なので上品でうっとりするような見た目になります。

テカリ肌の特徴は?

テカリ肌の特徴は光を反射するような内側から溢れ出る水々しさではなく、皮脂でくすんでベタついたような肌です。
全体的に油を塗ったような見た目で、肌のアラも目立ち皮脂崩れのような肌です。

ツヤ肌とテカリ肌の違いは?

実は意外とここを見落としがちなのですが、確かに「ツヤ肌だよ」と言われればどちらもツヤ肌になるのですがあえてツヤ肌を作って綺麗に仕上げている人とテカリ肌になっている人とは大きな違いがあります。
それは「小鼻・額の生え際・鼻と口の間が光っている」と言うことです。
ツヤ肌にしようと顔全部にパール感のあるような下地やパウダーを塗っていませんか?
やみくもに塗るのではなく、ツヤ肌には少しコツが必要です。
先ほど言った、小鼻・額の生え際・鼻と口の間が光っていると脂でテカっている印象になりやすいので部分的に変える必要があります。
ですからこのパーツは逆にマシュマロのようなふんわりした質感に仕上げる事が重要です。

f:id:netstage:20191129142439j:plain

ツヤ肌の正しい作り方とは?

【スキンケア】

まずいきなりメイク用品でツヤ肌を作ると言うよりは、その前から行うスキンケアから徹底する必要があります。
ツヤ肌はやはり水々しさが無いと光が反射するような綺麗なツヤ感は出せないので、乾燥なんて以ての外です。
きちんと保湿をして、スキンケアの時点で綺麗に潤っている肌にしておきましょう。

【ベースメイク】

ツヤ肌を作る上で必要なのが「パール入りの下地」です。
先ほどから何回も出てくる「光を反射するような」と言う言葉の通り、パールが入った下地を使う事で光が自然とはね返っているような質感を作り出す事ができます。
ただ全体にこの下地を塗る前に肌の赤みや目の下のクマなどはコンシーラーで隠しておきましょう。
ツヤ肌はマットな肌では無いのでアラが目立ちます。
ですから先にお肌の欠点は隠しておきましょう。
そして全体的に下地を広げたら先ほど言った「小鼻・額の生え際・鼻と口の間」には軽くパウダーをオンしておきましょう。

【ハイライト】

最後にハイライトをのせていきます。
その時にブラシを使う人も多いのですが、出来れば手でトントンとなじませてのせた方がより立体的で小顔に見えるので手をオススメします。
塗る場所は「額・鼻筋・目の下・上唇の上・あご先」です。

【チーク】

ここで使うチークは「クリームタイプ」が相性バッチリです。
やはりツヤ肌は内側から滲み出るような印象を作り出さなければいけないので、クリームタイプのようにジュワッと中から色出ているような仕上がりに出来た方がよりツヤが増します。
一気にべっとりつけてムラにならないように丁寧に伸ばしてくださいね。

まとめ

ツヤ肌とテカリ肌の違いをお話ししました。
一見するとどちらも光っているので似ていそうですが、実は全く違います。
ツヤ肌は1つ1つの工程を丁寧に行わないと、綺麗に見えません。
ですからスキンケアの段階から妥協せずに丁寧に行っていきましょう。

 

 

f:id:netstage:20191129142507j:plain