トレンディ ライフ !!

暮らしに役立つトレンディな情報をお届けしてます!

30代女性!疲れない体を手に入れるためには!?

f:id:netstage:20190831102247j:plain

 

 

毎日をへとへとになりながら頑張っているママさんたち、本当にお疲れ様です。
産後どうも体調が万全ではないな、と思いながらも毎日ごまかしつつ育児に家事…仕事をしている人は仕事もこなすお母さん本当に本当に頑張っています。

産後の体調の悪さは、いつになったら終わるんでしょう。
よく出産によるお母さんへのダメージを事故に例えられていますよね。

骨盤からあの赤ちゃんの頭が出てくる際の感動のシーンは
実はとても腰に負担がかかり、腰が捻挫した状態になっているのだそう。

産後1か月ゆっくり休めば治ります!
とよく聞きますが、休む暇ありましたか?!ありますか?

慣れない赤ちゃんのお世話、第二子以降でしたら、上の子を見ながらの育児…
休まるわけがありません。

もちろん完全にサポート体制が整っているご家庭もあるでしょうが、
ほとんどのお母さんはそういう訳にはいきません。

かくいう私もその一人で、産後ありとあらゆることを試してみました。
マッサージに行ったり、整体にいったり、すっぽん小町を試してみたり…
ですが100パーセントの回復は無理な気がします。
「産後だから仕方がない」と思っている人も多いでしょうが、私はもっと元気になりたい!

f:id:netstage:20190831102526j:plain

そこでちょっと調べてみました。
「女性ホルモンは、30代後半から徐々に減少傾向にあるが、そのために体調不良になるわけではない。本当の原因は自律神経の乱れにある。」

とのこと。でました、自律神経。私もやられてます。

こういうサイトを覗いてみると、大体以下の文章でまとめられています。
「生活習慣の見直しや、ストレスをためない体を作りましょう。」

主婦ってこれはすごく難しいと思うんです。
お仕事をされている人、していない人関わらずご主人のお仕事が遅いと就寝時間がずれてしまいますよね。

日中閉鎖的空間で子どもとだけ話していたらストレスって少しずつ溜まっていきますよね。
ですがこれでは自律神経が乱れたままで、お母さんの体が悲鳴をあげてしまいます。

お母さんの体調が悪い=家のすべてのことが回らない=悪循環にならないように
以下の事を覚えていてほしいんです。

もちろん私はカウンセラーでもなんでもないのですが、自分はこれで少しずつ前より体調が悪い日が少なくなりました。

①家事は明日やろう

f:id:netstage:20190831102614j:plain

極論ですけど、シンクにご主人の水筒がおいてあっても、無視して寝ましょう。
沢山寝て、すっきりした気分で朝起きて家事をした方が効率が良い気がします。
ズボラな考えですが、「全部きれいにしなきゃ!」と自分を追い込むとしんどくなってきますよ。

②子どもと一緒に寝てしまおう

f:id:netstage:20190831103441j:plain

寝かしつけ後に○○して、と考えつつ子どもと一緒に寝てしまった!!という人は少なくないと思います。
そういう考えは一回おいて、眠たいときに寝てしまった方が朝すっきり目覚めることができます。

③スマホは寝る前に見ない

f:id:netstage:20190831103453j:plain

よく言われていることですが、ついつい見ちゃいますよね。
通っている神経科の先生に言われたのですが、
「スマホを寝る前に見ると脳が興奮状態になるから、眠りが浅くなるよ。」

眠りが浅いと夜に何度も目覚めてしまいます。②で書いた通り子どもと一緒にお布団に入って子どもの寝息とともに
就寝するのが一番の安眠方法ではないでしょうか。

長くなってしまいましたが、まず「自分の体を休める」ということが大事です。
健康な朝を迎えて明日もがんばりましょう!

 

f:id:netstage:20190831103533j:plain