トレンディ ライフ !!

暮らしに役立つトレンディな情報をお届けしてます!

制汗剤は体に良くない!毒性や体臭悪化などの原因を探る。

f:id:netstage:20191110092032p:plain

 

 

さて、皆さんは夏場に何気なく体臭対策や汗対策で「制汗剤」を使っていませんか?
わき下は元々汗腺の数が多い事と、熱がこもりやすい事もあり1番汗をかきやすい場所とも言われています。

ですから制汗剤をシューっと吹き掛けて、対策している人も多いですよね。

ですが制汗剤には色々な危険がある事をご存知でしょうか?

全ての制汗剤が危険なのではなく、中には危険物質が含まれている制汗剤がある事を覚えておいて欲しいです。

今回は制汗剤の使用で起こり得る危険をお話ししていきたいと思います。

 

f:id:netstage:20191110092124j:plain

制汗剤によるガン発症リスクとは

まず制汗剤にほとんどと言って良いほど使用されている「塩化アルミニウム」ですが、この危険性をご存知でしょうか?
この塩化アルミニウムが体に働きかけてくれる効果としては、汗腺を塞いで汗が出る事を抑えてくれるといった所です。

ただ、この塩化アルミニウムは副作用を起こすリスクもあります。
皮膚の荒れ・かゆみ・乳がん発症のリスクです。

塩化アルミニウムが配合されているからと言ってすぐに乳がんになってしまう!ということではありませんが、もしワキの毛の処理をした際にカミソリで小さな傷がついていたりするとそこから体内へ塩化アルミニウムが侵入し、体内へと悪影響を及ぼす危険性が高まります。

それから最近人気の「銀イオン」配合の制汗剤ですが、一見体には害が無いように感じますがただの銀とは違い銀イオンは強い毒性があるとの声もあります。
銀イオンが制汗剤に含まれていることで「強い殺菌効果・抗菌効果」を発揮してくれますが、銀イオンを大量に使用していると金属アレルギーを引き起こす可能性もあるとも言われています。

ですから、制汗剤は便利な反面こう言ったリスクとも隣り合わせな面も持っているのです。

 

f:id:netstage:20191110092141j:plain

制汗剤の使用で体臭が悪化する!?

一見制汗剤は匂いも抑えてくれて、清潔に保ってくれそうなイメージがありますが、実は制汗剤を使う事で体臭が悪化する危険性もあると言われているのです。
制汗剤の働きとして「汗腺から出される汗を止める」という役割がありますよね。
ですが汗には汚れや体内の不要物質を外に出す働きをしてくれる役目もあるので、それを外から止めてしまうとどうなるか?
老廃物が外に出られなくなり、汚れや老廃物の蓄積で体臭がきつくなる事があるのです。
ですから制汗剤を安易に使ってしまうと、余計に匂いがきつくなり周囲を不快にしてしまう可能性もあるので気をつけて使いたいところです。


ちなみに銀イオンが制汗剤に使われるメリットとして、ワキガを抑制できる事が挙げられます。
ワキには「エクリン腺」「アポクリン腺」と呼ばれる汗腺が2つ備わっており、実は違う汗がこの汗腺から分泌されているのです。
そしてアポクリン腺から出される汗を栄養源にして繁殖するワキガなどを銀イオンを使い細菌を死滅させることで匂いなども防げるのです。

そしてその継続時間も長く、ほぼ1日保てるとも言われているのでワキガで悩んでいる人にはとてもありがたい物でもあるのです。

ただ1番汗対策として有効なのは「汗取りパッド」です。
汗を止めるのではなく吸う事で、汗は外へ出し服への染み着きを防ぐという有効な使い方ができるので制汗剤ではなく汗取りパッドを使う事をオススメします。

まとめ

夏になると沢山の人が制汗剤を使用しますが、あまり大量に使いすぎると体本来の機能が上手に働かず匂いを悪化させたり、常在菌のコントロールも上手くいかなくなったり、ガンや金属アレルギーなどの発症リスクも高まります。

夏場は助かる存在ではありますが、できれば緊急事以外の使用は控えあまり頻繁に使用しないほうが体の為にはなりますよ。

 

 

 

f:id:netstage:20191110092158j:plain