トレンディ ライフ !!

暮らしに役立つトレンディな情報をお届けしてます!

自分でもできる!?レンガで簡単ガーデニングとは?

f:id:netstage:20191017164553p:plain

 

 

憧れの一軒家を建てて、全てを砂利やコンクリートなどで固めてしまう方も珍しくはありません。
しかし、家を購入する前に少しだけ考えてほしいのは、自分でも簡単にDIYができてしまうということです。
もし、子供が大きくなってガーデニングをいざ始めようという時に、少しでも庭があると楽しみが増えるものです。
しかも、今はホームセンターで手軽にガーデニング資材が購入できてしまう時代であります。
そこで、ここからは自分でも簡単に庭を作れてしまう方法をご紹介したいと思います。

モルタル不要なレンガの小道とは?簡単アプローチの作り方

庭へ通じる道に、少しでもレンガの小道があると、それだけで雰囲気のある家になるのをご存知でしょうか。
しかし、レンガを使用するとなると、モルタルが必要になりなかなか自分でできないという方もいるかと思います。
そういう方のために、砕石と砂さえあれば簡単にアプローチが完成してしまうのです。
まず、作りたい小道に線を引いて、そこを10センチほどスコップで掘り下げていきます。
次に、掘り下げた部分を足で固めていき、3センチほど砕石を引いていきます。
そして、砕石が引き終わったら砂を引いていくのですが、この砂は川砂などホームセンターで売られているものを使用しましょう。
もしろん、砕石もホームセンターで販売しているので、購入してから作業を行うのがおすすめです。
砂を引き終わったら、水平器で平行になっているかをところどころ測ってみましょう。
この作業が終わったら、いよいよレンガを敷いていきます。

 

f:id:netstage:20191017165823j:plain

レンガの小道でモルタルの代わりに使用するものと?

レンガが敷き終わったら、レンガの隙間に真砂土を埋め込むように撒いていくとレンガがずれることはありません。
これは、もし後でレンガを変えたくなった場合や、掛けてしまった場合に融通が利く方法です。
もし、モルタルを使用してしまうと、あとで変更が効かなく失敗もできないということもあるのです。
こうしたことからも、初心者であればこの方法で十分にレンガの小道を作ることが可能なのです。

花壇にも使える?レンガを使ったモルタル不要の花壇の作り方とは?

レンガは、花壇にも使用することができる万能アイテムでもあります。
もちろん、モルタルを使用したほうが出来栄えが良いですし、きれいなのは間違いありません。
しかし、モルタルがなくても、きれいなレンガの花壇を作ることができます。
まず、花壇を作る場所の土を30センチから40センチ掘り、ごみや石ころを取り除きます。
次に、ホームセンターなどで販売している土づくり用の土を混ぜていきます。
そして、レンガを並べる位置にあぜシートを入れていき、外側にレンガを並べていけば完成です。
花を植えるのは、花壇づくりが終わってから、1週間程度経過してからやるといいでしょう。

このように、レンガは庭づくりをするうえで、とても素敵なアイテムであります。
難しそうで手を出せなかったという方がいたら、一度こちらの方法をおすすめします。
少しずれたりすることもありますが、それも手作りの味が出てとても良い庭になることでしょう。

 

f:id:netstage:20191017165842j:plain