トレンディ ライフ !!

お洒落と暮らしに役立つトレンディな情報をお届けしてます!

大人ニキビとは何か?思春期ニキビとの違いはどんなもの?対策方法もお教えします

f:id:netstage:20191112160522p:plain

 

 

思春期時期には沢山の人が悩まされる「思春期ニキビ」ですが、大人になっても尚ニキビが続いていたりします。
逆に思春期は綺麗だったのに、大人になってからニキビが出来始めた…と悩む人もいますよね。

そこで出てくるのが「大人ニキビ」です。
思春期ニキビは聞いたことがあるけど、「大人ニキビ」ってあるの?とびっくりしますよね。

実は思春期にできるニキビと大人になってからできるニキビはそれぞれ違った特徴があります。
そこで今回はその特徴と、正しい洗顔方法をお教えします。

思春期ニキビとは?

 

f:id:netstage:20191112160618j:plain

思春期ニキビは発生しやすい場所があります。
それが、

・額から鼻にかけてのTゾーン
・こめかみ
・頬骨

です。

皮脂腺が多い場所に出来やすいです。
特にTゾーンは脂で悩ませられる人も多いですが、顔の他の部分に比べて役7倍もの毛穴があるため皮脂分泌が活発な思春期にニキビが出来やすくなります。


だいたい平均して思春期ニキビが出来る時期は、「13歳~18歳頃まで」です。
第二次成長期ですね。

この時期は男性女性関係なく、男性ホルモンや成長ホルモンの分泌が盛んになるので皮脂腺が刺激され皮脂分泌が活発化し始めます。
そしてそれに追いつけなくなった皮脂が、角質に詰まりだしニキビを作り出してしまうのです。


大人ニキビとは?

f:id:netstage:20191112160635j:plain

 

大人ニキビが発生しやすい場所をあげると、

・顎や口周りなどのUゾーン
・乾燥しがちなフェイスライン

です。
思春期ニキビに比べて発生する場所も全く異なります。

どちらかというと、大人ニキビは皮脂の過剰分泌が原因では無いため皮脂腺が少ない場所にも発生しやすいです。

大人ニキビはターンオーバーの乱れ・バリア機能の低下・化粧品類による毛穴詰まり・女性ホルモンの影響・ストレスや睡眠不足・偏食など様々な生活習慣の乱れや女性特有のホルモンの影響やメイクの影響も大きく関係します。


それぞれの対策方法とは?

思春期ニキビの対策

10代思春期真っ只中なのでニキビはとっても気になりますよね。筆者もそうでした。
10代特有のホルモン変動で皮脂量が大きく増えることから発症してしまう思春期ニキビですが、基本的には清潔にしてあれこれ手を加えないことが大事です。
皮脂量は増えているので洗顔はしっかりと行うべきですが、ニキビに対してあれもこれも独断でケアしてしまうと後々肌を傷めてボロボロにしてしまうかもしれないので基本的なスキンケアを心がけて、あとは時期が落ち着くまで待つことが大切です。

大人ニキビの対策

大人ニキビの場合は原因が様々あるので、絶対に作らない方法というのは無いに等しいですが、基本的には生活習慣を整えてあげることが大事です。
それから酸化した食べ物(揚げ物・スナックなど)は体の中で分解しにくい脂なので、こういったものを摂取してしまうとニキビが出来やすくなります。

それから大人ニキビの場合は、乾燥が原因とも言われています。
ただ乾燥肌だからと言って必ず出来るわけではなく、顔全体の水分量のバランスが良ければ大人ニキビは出来づらいです。
脱水毛穴と言い、部分的に水分が足りていない場所に発生しやすいことから、Uゾーンなどケアが行き届きにく場所や乾燥しがちな部分によく出来ます。

基本的なスキンケアはもちろん大切ですが、それに加えて生活習慣の見直しと水分量が不足したりケアが行き届きにく場所を意識すると改善に向かっていけますよ。


まとめ

思春期から大人まで、ニキビというものは原因さえあればすぐに出来てしまいます。
やっと落ち着いてきた…と思ったら、また大人になって出てを繰り返してゲンナリする方もいると思います。

思春期ニキビの場合は思春期を乗り越えることで落ち着いて行きますが、大人ニキビの場合は様々な要因が発症のきっかけになるので生活習慣を正していくことが大切です。

 

 

 

f:id:netstage:20191112160658j:plain