トレンディ ライフ !!

暮らしに役立つトレンディな情報をお届けしてます!

食品用オリーブオイルでクレンジングは可能?今人気のオリーブオイルクレンジングの真相とは?

f:id:netstage:20191110090310p:plain

 

 

最近では色々なクレンジング剤やクレンジング方法が浸透し始め、もはや油ならなんでもアリ!のような風潮になってきました。
中には食用のサラダ油でクレンジングをしている人も。

確かにクレンジングオイルは油なので、オリーブオイルだろうがサラダ油だろうが油ならどれでも良いんじゃ…と思っちゃいますよね。
特にオリーブオイルはクレンジングの中にも実際に配合されていることもあり、だったら自然のオリーブオイルそのものを使ってしまった方が肌には良さそうとさえ思ってしまいます。

ですがちょっと待って。
食品用のオリーブオイルは本当に肌にとって負担が無いのでしょうか?

今回は食品用オリーブオイルをクレンジングとして使うことは肌にとって良いのか悪いのか?の真相に迫って行きたいと思います。

 

f:id:netstage:20191110090518j:plain

オリーブオイルがクレンジングとして良いと言われている理由

まずオリーブオイルがクレンジング剤などに配合されている理由として、皮脂やメイクなど油を含んでいるものととても馴染みやすく、スルスルと落ちやすいメリットが挙げられます。
皮脂はお肌にとって大切な役割をしてくれるので完全に取り除くのはダメですが、1日蓄積したメイク汚れやいらなくなった皮脂や汚れはその日のうちに落としてしまわないと毛穴が詰まったり黒ずんできたりします。

そのバランスを保つ役割をしてくれるのがオリーブオイルでもあるのです。
不要な皮脂や油汚れは落としつつ、お肌に必要な脂は残すといった役割を担ってくれるのがオリーブオイルの良さです。

実際に使用してみると分かるのですが、オリーブオイルの力で汚れは馴染みやすく、洗い終わった後に決して突っ張ることがなくしっとりしたような感触にもなります。

それは人の皮脂成分である「オレイン酸」とオリーブオイルの成分であるオレイン酸が、潤すことも汚れを落とすことも可能にしてくれているのです。

 

f:id:netstage:20191110090538j:plain

食品用オリーブオイルを使っても問題ないの?

上記で述べたように、オリーブオイルはクレンジングとしても肌にとってもとても良い役割を担ってくれている事が分かります。
もうそれならいっその事、食用で売っているオリーブオイルで済むんじゃないのか?と思いますよね。
食品用の方が量もたっぷり入っていて、維持費も安いし品質の高いオリーブもあるからより効果が高そうと思ってしまいます。

ですがちょっと待って。

結果からお話しすると、食品用オリーブオイルを顔に使用するのはオススメできないです。

と言うのも、確かにオリーブオイルという点では同じく聞こえますが精度が全然違います。

クレンジング剤などに含まれているオリーブオイルは、肌に悪影響が無いように不純物などをしっかりと除いて精製していきます。
それに比べて、食品用オリーブオイルは食べて風味や味が良い事を目的に作られているので肉眼では見えづらい小さな果肉や繊維が入っていてお肌に塗ってしまうと知らず知らずに角質を傷つけたり、逆に肌を汚してしまう可能性も高まります。

それから食品用のオリーブオイルも精製が甘いと、オイルの酸化が早くなったりそれによって皮膚に負担となる過酸化脂質が発生したりします。

これらを見ても分かる通り、やはり美容用で作られているものはそれなりの基準があったり精製度も全然違っていたりするので安易に食品用オリーブオイルを使用しない方が将来的には安心とも言えるでしょう。

まとめ

筆者もオリーブオイル入りのクレンジング剤を何度も使用していますが、やはり食品用と美容用では使う目的が違うため製造工程や精製度も全く違ってきます。
食べ物の方がオリーブの効果が高そうと思いがちですが、こういった面から見てもやはり目的別で分けてあることには意味があるのです。

知らず知らずに肌へと負担にならないように、お金が高くても美容用のオリーブオイル入りクレンジングを使用するようにして下さいね。

 

 

 f:id:netstage:20191110090637j:plain