トレンディ ライフ !!

暮らしに役立つトレンディな情報をお届けしてます!

大モンダイ!?夏休みの宿題を子どもと計画的に進める方法

f:id:netstage:20190906213911p:plain

 

 

1年の中で子ども達がとても楽しみにしている行事,
そう夏休み!
子ども達はウキウキ♪でも親はユウウツ...
3食のご飯の準備,
おやつも用意しなくちゃならない,
そして何より夏休みの宿題!!
通知表の成績の次に気になるものですよね?
そんなあなたの一番の悩みのタネを,
スッキリ解決できたら素敵ですね!
(なぜ親が悩まなくちゃならないのかは別として...)
今回はその方法をお教えします☆


①夏休みの宿題を初日に全部出して確認する
 

  持って帰ってきた宿題,まずは一度全部出して
 一緒に見ましょう♪
 「うわっ!多い!!」なんて暗くなってはいけません
 やり終えたら,また一つ
 子どもが成長するんだと心に言い聞かせましょう
 
 全部出したら,この4つに大まかに分類します
『すぐ終わるもの(自宅でしかできないもの)』
 道具が必要な絵画ポスターなど
『すぐ終わるもの(親戚の家など自宅じゃなくてもできるもの)』
 絵日記など
『日数がかかるもの』
 ドリルや自由研究や統計グラフ
『子どもが苦手とするもの』
 読書感想文など

 どうです?
 何となく,宿題の全体像が見えてきませんか?

 

f:id:netstage:20190906214125j:plain

②夏休みの家族の予定を子どもと確認する

 

  分類したら,ルーズリーフやチラシの裏などに,
 ざっくりカレンダーを書き,
 これからのお出かけの予定を書いてみます
 (学校の予定表が使えそうな場合はそれでOK)
 マス目のカレンダーよりは,
 年表のようなカレンダーがおススメです
 お出かけ(特に旅行や親戚の家へ行くなど)の予定は
 特に大切です
 決まっている範囲で良いので,
 子どもと「この辺りで○○へ行くよー♪」
 などと話しながら書き,
 楽しい気分にさせます(←コレ大事!!)
 予定なんて,突然決まることの方が多いよ~!?
 という人も多いと思うすので,
 あくまで決まっている範囲で大丈夫です 

③まずはドリルから...をやめる!
 

  予定を書き込んだら,
 宿題の項目を予定に合わせて書き込みます

 『日数がかかるもの:ドリルや自由研究,統計グラフ』
  これが一番厄介ですね~
 時間がかかる上に,予定が立てづらい...
 だから,ついつい「とりあえずドリルから」
 やりがちですね?
 でも,それはもったいない!!
 ドリルが子どもの苦手なものに入っている場合は別ですが,
 答えがついていてパパッと採点できる,
 ある程度1ページにかかる時間もそんなにはかからない,
 夏休みの中盤,何も予定がない日にやる宿題には
 もってこいなんです!
 
 夏休みは始まったばかり,子どもも自分も元気な今は,
 自由研究や統計グラフの課題にまず取り組みましょう!!
 (学校によっては,必須じゃない場合もありますけどね)
 作品で入賞を狙っている家庭は別ですが,
 取りあえず課題をクリアしたいっていう場合は,
 最初の1週間で終わらせるつもりで計画してみてください
 逆に言えば,1週間で終わらない課題は,難易度が高いということ!
 研究内容選びも重要ですね!
 今は図書館よりもインターネットで調べる時代
 上手く活用したいですね☆ 

 

f:id:netstage:20190906214405j:plain

 


 子どもはやりたいこと,楽しみなことの前は
 いつも以上に頑張れたりします
 『子どもが苦手とするもの』は,
 旅行や子どもが楽しみにしていることなどの
 数日前に予定を入れてみてください
 「これが終われば,○○行けるよ♪」などと,
 声かけしやすくなります
 (まさに,目の前にニンジンをぶら下げられた馬!!)
 イヤイヤながらも,いつもよりは頑張れます
 
 『すぐ終わるもの(自宅じゃなくてもできるもの)』は
 まさにイベントの瞬間!!
 家に帰ってきてからだと,
 子どもはテンションが下がります
 「あの時どう思った?」なんて聞いても,
 「忘れた。」とか言われて
 イラッとするなんてことありませんか?
 そう!鉄は熱いうちにうて!!
 楽しいうちにちゃちゃっと書いちゃいましょう♪
 嫌がっても,「終わったらお菓子あるよ~?」
 なんて言葉で頑張れるテンションなはずです
 
 『すぐ終わるもの(自宅でしかできないもの)』は
 意外と突然の変更にも対応できるので,
 最後に予定に入れ込みます

 計画がズレてしまっても,内容をチェンジしやすいです
 

f:id:netstage:20190906214219j:plain

④寝る前に15分,1日の振り返り時間を作る

 

 意外に実践してる方って少ないと思います
「もうこんな時間!?早く寝なさい!」で1日が終わる...
あなたのご家庭もそうではありませんか?
これをしてしまうと,
①歯磨きカレンダーに色が塗れない
②一日の出来事日記を書かずに過ごす

なぁんてことが日々繰り返されて,

あげく,1か月であったことを
最終日に思い出しながら慌てて書く!!
ということになるのです
これがかなりの重労働!!
親も子もヘトヘトですね

歯磨きしたら,1度リビングに戻って,
1日過ごさないとできない宿題を
コツコツ仕上げていきましょう

この時,
「今日は○○が終わったじゃん!頑張ったね。」
などとほめてあげると,
褒められた♪明日も頑張ろう!
と子どもは思って
1日を終えることができます

意外とこれが一番重要かもしれません

 


いかがでしたでしょうか?
今回ご紹介したものは
あくまでも,一つの提案です

家庭によって,夏休みの事情は様々です

興味があったもの,実践できそうなもの,
ありましたらぜひやってみてくださいね☆


夏休みが,子どもにとっても,親にとっても
幸せな時間となりますように...

 

f:id:netstage:20190906214443j:plain