トレンディ ライフ !!

暮らしに役立つトレンディな情報をお届けしてます!

和食は麺つゆだけで大丈夫!麺つゆ一つで味が決まる料理の作り方!

f:id:netstage:20191122131837p:plain

 

 

食べるのは得意でも作るのは苦手…料理って難しいし面倒くさいですよね。
それでもしなくてはならないのが食事の支度です。

料理が好きな人ならチャチャっとあるもので作れちゃうかもしれません。
でも、料理が苦手な人にはそんなワザは到底無理で…。

でも、そんなときこそ麺つゆの出番!
麺つゆを使って簡単に料理を作っちゃいましょう。

麺つゆを使った和食の作り方をご紹介します。

●煮物

f:id:netstage:20191122131925j:plain

肉じゃが・大根の煮物・ひじきの五目煮etc…。
煮物であればだいたい麺つゆだけで味付けはOKです。
「麺つゆだけじゃ同じ味になっちゃうじゃん!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが大丈夫!
味付けは一緒でも具材が違えばそれなりの味になってくれます。
あと一品何か欲しいときなど、麺つゆの中に残り野菜を入れて煮るだけで立派な副菜ができあがりますよ。

●炊き込みご飯

f:id:netstage:20191122132154j:plain


普通に作るとなると面倒くさい炊き込みご飯も麺つゆだけで味がきまります。
中身は何でも大丈夫。
シンプルな具材であれば「人参・きのこ・油揚げ」。
そこに、ゴボウや鶏肉を入れるとまた味わいが変わっておいしいですよ。
作り方としては、
・麺つゆにお水を入れてお好みの濃さにしておきましょう。
・研いだお米を炊飯器にセット。
・用意しておいた麺つゆを、お米の分量分よりちょっとだけ多めに入れましょう。
・その上に具材を乗せて炊飯器をスイッチオン!
・炊けたらしゃもじで全体をザッと混ぜてできあがりです。

●煮魚

f:id:netstage:20191122132006j:plain

煮魚は何かと手間がかかるものですが、麺つゆを入れて煮るだけでおいしい煮魚ができあがります。
魚の臭いが気になる方は、麺つゆの中に生姜(チューブ入りでOK)を入れるといいでしょう。
麺つゆさえあれば「煮魚食べたいな」と思ったときだってササッと作れて便利ですよ。

●麺つゆにプラスアルファで違う味にする

基本、麺つゆには2倍濃縮と3倍濃縮があります。
水での薄め具合はお使いの麺つゆに合わせてくださいね。
個人差がありますが、3倍濃縮であれば「水50CC・麺つゆ250㏄」がおススメの分量。

味付けは麺つゆだけでもいいのですが、変化をつけたいならプラスアルファでおいしくすることもできま
す。
例えば、
・肉じゃが…「麺つゆ+砂糖」で、甘味のある本来の肉じゃがの味に仕上がります。
・煮魚…プラスアルファが少し多くなりますが「めんつゆ+砂糖+酒」でもう少し本格的な味に仕上がり
ます。

まずは麺つゆだけで作って味をみて、そこから調整して自分好みの味にもっていきましょう。

●まとめ、

和食って難しいですよね。
私が料理に苦手意識があるからそう思うのかもしれませんが、難しいです。
以前は、味の決め方が難しくてついつい和食を避けがちになっていました。
それが、あるとき「麺つゆだけでも別にいいんじゃないかなぁ?」と思ってしまいまして…。
それから麺つゆは、我が家では手放すことができない調味料となっています。

 

f:id:netstage:20191122132054j:plain