トレンディ ライフ !!

暮らしに役立つトレンディな情報をお届けしてます!

クレンジングはケチケチ使わない!正しいやり方や使い方をご紹介

f:id:netstage:20191025212219j:plain

 

毎日行う「クレンジング」ですが正しいやり方は出来ていますか?
クレンジングをケチケチ使っていませんか?

実は1番最初にメイクを落とす作業である「クレンジング」のやり方はとっても重要になってくるのです。
もはやクレンジングがその後の肌のコンディションを左右すると言っても過言ではありません。

ついつい流れ作業で「とりあえず落ちればいっか!」となりがちなクレンジングですが、美肌を目指すためには正しいやり方をする必要があります。
そこで今回はクレンジングの正しいやり方と使い方をご紹介致します。

f:id:netstage:20191025212316j:plain



なぜクレンジングが必要なのか?

そもそもなんでクレンジングってやる必要があるの?と疑問に思ったことはありませんか?
メイクを落とすためなら石鹸で洗うだけで充分なんじゃないの!?と思ってしまうかもしれませんが、化粧品の主な成分は「油」です。

石鹸でチャチャチャっと洗うだけでは毛穴にしっかり密着した化粧品を落とすことが出来ません。

クレンジングにはだいたい「界面活性剤」が含まれていて、その成分によって分解し落としやすくしてくれているのです。
他にもクレンジングによって「皮脂・汗・ホコリ・大気汚れ」などもしっかり落としてくれる役割があります。

実際に石鹸で落とそうと思い実践してみたことがありますが、今のメイク道具は優秀なものも多い分、汗や皮脂が出てきても簡単には落ちないほどしっかり密着するように出来ていたりします。
ですので石鹸だけでいくらこすってもきちんと落ちきれないことが分かり、クレンジングの重要さをより再認識しました。

石鹸でも落とせるようなコスメを使っているのであれば別ですが、基本的にはお化粧をしたらクレンジングは必須なのです。


クレンジングの正しい使い方ややり方をご紹介

割と高いクレンジングを使っている人はやりがちなのですが、クレンジングをケチケチ使って頑張って伸ばしながら落としている方がいます。
ただクレンジング作業においてケチケチ使うのはNGです。
なぜかと言うと、肌は本当にラップのように薄いのでちょっとした摩擦でもキメが壊れたり肌がゴワゴワになってしまいます。

ですからたっぷりのクレンジングを手に出すことが重要です。

次に手のひらに出したらそのまま適当に肌に伸ばすのではなく、手のひらでしっかり温めてから使用して下さい。
肌に近い温度まで温めることで、お顔に乗せたときにより馴染みやすくなります。

それから顔全体にスッと優しく広げていき、あまり時間をかけずにクレンジングは行っていきます。
オイルをつけたまま長時間マッサージをしていると必要な皮脂まで取り除いてしまったり、マッサージの摩擦でダメージを受けやすくなります。

顔全体に広げた後は、顔の下から上へクルクル小さな円を描くように中指と薬指の2本だけを使って落としていきます。

 

f:id:netstage:20191025212343j:plain

そして最後に「乳化」作業を忘れないで下さいね。

クレンジングでメイク汚れを馴染ませた後に、少しだけ水を手にとり湿らせた状態で肌へハンドプレスしていきます。
そうするとブワッとメイクや汚れが浮いてきて、白っぽく濁ったのが分かります。

それがクレンジング・汚れ・水が馴染んで綺麗に肌表面に浮いた状態となります。

それからぬるま水を使ってしっかりクレンジングを落としていきます。

これがクレンジングの正しいやり方です。

もしこの工程を見て、きちんと出来ていなかったな…と言う人はこのやり方で行って見て下さいね。


まとめ

今回はクレンジングについての重要性や正しい使い方・やり方をご紹介致しました。

結構クレンジングは適当に行う人が多いのですが、肌を左右する1番重要な役割と言っても過言では無いので正しいやり方を身につけて美肌へと導きましょう。

 

 

f:id:netstage:20191025212426j:plain