トレンディ ライフ !!

暮らしに役立つトレンディな情報をお届けしてます!

クレンジングにおいて「乳化作業」はとっても大切!乳化のやり方を知って美肌を目指そう

f:id:netstage:20190914132724j:plain

 

 

皆さんはクレンジングをする際に「乳化」ってしていますか?
そもそも乳化って何!?初めて聞いた!と言う方も結構います。

この「乳化作業」はクレンジングをするにあたってとても重要なポイントになります。
これをするかしないかでメイクの落ち具合雨や、その後の肌の状態も変わってきます。
今回はこの「乳化」について色々ご説明していきたいと思います。


乳化って何?

乳化とは簡単に言うと「普通は混じり合うことのない水と油を混ぜ合わせる作業」の事を言います。
メイクや皮脂などは油ですよね?
でも流す時には水を使います。
ただ基本的には「水と油」は混ざり合わないので、クレンジングをした肌にいきなりバシャバシャ水をかけても弾いてしまってきちんと落としきれないのです。

そして肌に落ちきれなかったメイク汚れやクレンジング剤が残り、毛穴詰まりの原因ともなります。

そこで重要になってくるのが「乳化」です。

元々クレンジング剤も水と油を混ぜるための中和剤が入っています。
その中和剤が入っている事を利用して、落とす時もクレンジングの上から水を優しく馴染ませて一度中和させると肌表面に色々な汚れやクレンジングが浮いて来れるようになるのです。

「界面活性剤」は結構色々な噂があるのでご存知だと思いますが、あまり良く思われないかもしれませんがメイクを落とすためには必要でもあるのです。
確かに界面活性剤は必要な皮脂まで落としすぎてしまったりよく無い部分もありますが、油分と水分を馴染ませるためには必須なものです。

界面活性剤の力によって、油と水を馴染ませて溶かして馴染ませてくれます。
これをエマルジョン化(液状化)とも呼びます。

ただしこの乳化作業は例外もあります。
クレンジングと一言で言っても全部がオイルタイプではありません。

例えばリキッドタイプは「オイルフリー」となっているので、油分を含まなかったり油分が少ないクレンジング剤では乳化を行おうとしても馴染まなかったりします。
ですのでオイルフリータイプのクレンジングの場合はあまりやる必要がないです。

 

f:id:netstage:20190914132845j:plain


 これが乳化作業の原理です。

乳化作業のやり方

・クレンジング剤を肌へ馴染ませる

まずはクレンジングを使っていつも通りにメイクをなじませていきます。


・手を少し湿らせる

ここが重要ポイント!で、乳化作業になります。
クレンジングを馴染ませた後、手のひらにぬるま水をかけて手のひら全体を少し湿らせた状態にします。

その時にたっぷりのぬるま水を手の上に乗せた状態にはしないで下さい。
それでは馴染みが悪くなります。

水をかけるのではなく、少し手のひらを湿らせた状態でクレンジングで馴染ませた肌の上に手をあてていきます。(ハンドプレス)
そうすると一気に白っぽく濁っていくのが分かります。

これが「乳化完了」の証です。

水と油や汚れが中和剤の力でまた馴染む事で、一気に表面に浮いてきて落としやすくしてくれます。

・ぬるま水でしっかり流す

後はぬるま水(32度)で、しっかりすすぎ流しきるだけです。

 

これが乳化作業の正しいやり方です。
2番目に行う「乳化」が全てを左右します。

最後に流す時も、もう既に表面に浮いてきている状態のものを流せるので綺麗にオフできます。
でもこの乳化をやらないですすぎをすると、水の量が多すぎて奥に密着したメイクや汚れが浮いてこれないままただ表面で馴染んだものだけが流れて終わります。


もしこの乳化を知らなかった方はぜひクレンジングに取り入れてくださいね。


まとめ

今回は「乳化」についてお話ししました。

この乳化作業は意外と知らない人が多く、美容関係者では知っている人が多い傾向にあります。
クレンジングの際は乳化をとりいれて、きちんと落とすようにして見てくださいね。

 

 

f:id:netstage:20190914112005j:plain