トレンディ ライフ !!

お洒落と暮らしに役立つトレンディな情報をお届けしてます!

日焼け止めは曇りの日や雨の日には塗らなくても良い?それとも塗ったほうが良い?

f:id:netstage:20191116105701j:plain

 

 

まだまだ残暑も残る今日この頃ですが、段々暑さが抜けてきたり肌寒い日や曇りの日、雨の日など紫外線が一見無さそうな日ってありますよね?
明らかに暑くて、天気も良くて晴れていれば日焼け止めは塗りますが先ほどのように微妙な天気の日は日差しは強く無いので「ちょっとしたお出かけ位なら塗らなくていっか」とか「曇りだから焼けないよね」と日焼け止めを塗らずに出る人も多いです。

果たして本当に大丈夫なのでしょうか?

そこで今回は曇りや雨の日などの天気が微妙な時でも日焼け止めは塗ったほうが良いのか?それとも塗らなくて良いのか?をお話ししていきます。

 

f:id:netstage:20191116105921j:plain

日焼け止めは曇っている日も必要?

結果からお話ししましょう。
曇っている日にも日焼け止めは必要か?という質問の答えは「はい」です。

皆さんは太陽=紫外線と思いがちですよね?
実は太陽の光が紫外線では無いのです。
紫外線は目には見えないものなのです。

太陽の光が一見無さそうな曇りの日も、紫外線はしっかり地表まで届いているのですよ。

紫外線量を分かりやすくまとめると、

・晴れの日→90~100%
・曇りの日→60~85%

です。

この結果を見ても分かる通り、晴れている日・曇っている日に限らず紫外線は降り注いでいます。
数値の違いはあってもそこまで大差はないですよね。

ですから曇っている日も関係なく日焼け止めは塗ったほうが良いという事が分かって頂けたと思います。

 


日焼け止めは雨の日でも必要?

 

曇っている日はまぁなんとなく分かるかも…と思いますが、雨の日はさすがに紫外線は無いでしょ?と思いますよね。
ですが雨の日も紫外線は地表まで届いている状態です。

先ほどのパーセンテージを雨の日で出すと、

・雨の日→30%

と、やはり少なからず紫外線は出ている状態です。

これらから見て分かる通りに、紫外線の全く無い日と言うのは存在しないのです。


ですから雨の日でも紫外線対策はしておいた方が予防になります。

 

f:id:netstage:20191116110037j:plain

ただし天気によって日焼け止めの強さを使い分ける

抑制できるからと、雨の日や曇りの日も関係なく強い日焼け止めをそのまま使用する人も多いですがそれは間違いです。
やはり紫外線抑制効果の高い日焼け止めは、優しい日焼け止めに比べて成分や落ちにくさも強力に作られているので肌にとっては物凄く負担になります。

雨の日の場合は特に、SPFの数値が低い日焼け止めをオススメします。

紫外線A波は紫外線B波に比べて雲を簡単に通り抜けられてしまうので、SPFの数値が低くても「PA」の「+」が多い方を選んだ方がより良いです。
ちなみに紫外線A波の特徴は、

・波長が長い
・雲や家の中・車の窓ガラスさえも通ってしまう
・肌が少しずつ黒くなる
・シワやたるみを引き起こしやすい

です。
別名「生活紫外線」とも呼ばれ、生活している上で切っても切り離せない紫外線なのです。


逆に紫外線B波の特徴は、

・波長が短い
・屋外での日焼けの主なもの
・赤く炎症を起こしやすい
・シミや色素沈着になりやすい

です。

紫外線A波の方は、波長が長いことからコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などがある真皮層まで届いてしまうため浴び続けると肌は弾力を失い、シワやたるみの原因となります。

紫外線B波の方は、波長が短いことから真皮層までは届きませんが表皮にはダメージを与えてしまいます。
肌を赤く炎症させる「サンバーン」、メラニン色素を新着させて肌を黒くする「サンタン」などシミやそばかすの原因となる紫外線なのです。
紫外線と一言で言ってもこのように2つの紫外線があり、それによって肌や肌内部に影響する内容が違います。


強いから良い!ではなく、その時々に応じて使い分けることが1番万全な紫外線対策と言えるでしょう。

まとめ

意外と曇りの日や雨の日も紫外線は降り注いでいることが分かって頂けたでしょうか?

なんとなく日差しが出ていないと、紫外線が無いような気持ちになってしまいますが実はきちんと紫外線は出ているのです。
ですからその時々の天気に合わせて選べるのが1番良いですね。

万全な紫外線対策をして、健やかなお肌を保てるように頑張りましょう!

 

 

 

f:id:netstage:20191116110207j:plain