トレンディ ライフ !!

暮らしに役立つトレンディな情報をお届けしてます!

固形石鹸のメリット・デメリットを簡単にご説明します

f:id:netstage:20191013144026p:plain

 

 今は売り場に沢山の洗顔用品が並んでいて、謳い文句もとても魅力的な物も多く売り場で何にしようか悩んでしまいますよね…
洗顔する際に最近では「固形石鹸」を選ぶ人も増え、愛用している方も多いです。


なんとなく良さそうで使っているけど、実際の所固形石鹸って洗顔に使っても良いのか?デメリットはあるのか?も知っておきたいですよね。
そこで今回は固形石鹸のメリット・デメリットをお話し致します。

固形石鹸のメリット

・シンプルなので肌に安全

固形石鹸の原材料は天然の油脂です。
紀元前3000年頃に初めて人類が石鹸を作り出しました。
洗顔フォームはどちらかと言うと合成洗剤が入っていますが、こちらはいたってシンプルな成分なので肌への負担が少なく安心して使えます。
本当に必要最低限の成分で作られているので、お肌が敏感な赤ちゃんや大人まで幅広く愛用されています。


・コスパが良い

なんと言っても固形石鹸はコスパが良いです。
洗顔フォームは毎日使っていると結構あっという間に無くなってしまいますが、固形石鹸は毎日使ってもすぐには無くなりません。
お金の節約にもなるので、とってもお得です。


・すすぎがスッキリと落ちやすい

石鹸は分解されやすく、水と馴染みやすいので結構すすぎも早くできて石鹸の残留なども防げます。
泡などが残ったままだとニキビや赤みなどが出てトラブルになりやすいので、洗い落ちが良い石鹸はとても便利です。

 

 

f:id:netstage:20191013144112j:plain


固形石鹸のデメリット

・バクテリアが繁殖しやすい

実は知らない人も多いですが、固形石鹸だと色々な人が一緒に共有して使いますよね?
実はシェアして使うことによって、他の人のバクテリアが繁殖しやすくなります。
バクテリアが付着すると肌を傷める原因にもなります。

よくすすいで流せばそこまで問題は無いですが、共有して使うことが多いだけに気になる点ではありますね。


・石鹸は衛生的に保つのが難しい

石鹸は衛生的に保たないと、カビの原因となる雑菌や細菌が繁殖しやすくなります。
ですので使用後は濡れた状態でそのまま置かずに軽く拭いて、よく乾かした方が良いです。
どんどん雑菌が繁殖してそのまま使用すると雑菌だらけの泡で洗っていることになります。


・肌が乾燥がちになる

石鹸にも種類があり、化粧石鹸と浴用石鹸があります。
浴用石鹸で顔を洗う人もいますが、実は浴用石鹸は化粧石鹸に比べて洗浄力や脱脂力が強いので知らずに使っていると、肌が乾燥気味になったり白く粉を吹いたりトラブルの元になるので気をつけましょう。

 

まとめ

今は固形石鹸の良さが言われていますが、デメリットをふまえても固形石鹸は総合的なメリットの方が大きいです。
コスパも良し!天然成分で安心して使える!すすぎがスッキリと落ちてベタベタ感がない!の3拍子あり、固形石鹸は魅力が多い商品です。


ぜひ固形石鹸を使って洗顔をしたことの無い方は試してみて下さい。

 

 

f:id:netstage:20191013144150j:plain