トレンディ ライフ !!

暮らしに役立つトレンディな情報をお届けしてます!

気温別! 夏の赤ちゃんの服装は?

f:id:netstage:20191012102830p:plain

 

 

まだ話せない赤ちゃんには、暑いとき、寒いときに何を着せて良いか悩みますよね。特に夏はどれくらい薄着でいいのか、難しいと思います。

すぐ風邪を引く&汗疹ができる、1才男児の服装には、それはもう気を使いました。ですが、色々試して、気温に合うベストな服装を見つけることができました!

昼間の服装

家の中の冷房設備は、普通の扇風機がリビングに1台と寝室に1台、卓上扇風機が1台、凍った2Lのペットボトルが3本です。

また、夏限定で、子ども布団の敷きパットを冷感タイプのものにしました。

・室温が~26℃の場合
メッシュの肌着
半袖Tシャツ
5分丈のズボン

・室温が~28℃の場合
メッシュの肌着
5分丈のズボン

・室温が28℃~の場合
メッシュの肌着1枚のみ

26℃までが基本の服装で、そこから温度が1℃上がる毎に、1枚脱がせていきました。その結果、夏の間はほぼ肌着のみで過ごしていました。

肌着も脱いでしまうと、扇風機の風があたったときに、すぐに体が冷えてしまうので、常に肌着1枚は着せておくようにしていました。

そのおかげで、夏の間はひどい風邪は引かず、汗疹も少なく過ごせました!

また、おでかけときは26℃の服装にして、お腹、もしくは背中にタオルハンカチを仕込んで1時間毎に交換したり、保冷剤を背負わせるようにしたりしていました。

 

f:id:netstage:20191012102925j:plain

夜の服装

冷房設備は昼と同じです。湿度が低い日は、凍ったペットボトルを使わないときもありました。

・室温が~26℃の場合
メッシュの肌着
半袖、5分丈ズボンのパジャマ

・室温が~28℃の場合
メッシュの肌着
ガーゼ生地のカバーオール

・室温が28℃~の場合
メッシュの肌着1枚のみ
(+4重ガーゼのタオルケットをお腹にかける)

ガーゼ生地のカバーオールのタイミングが微妙ですが、27℃を超えた日に、半袖短パンのパジャマを着せて寝かしたところ、首後ろにあせもができてしまいました。

かといって、メッシュの肌着だけにしてしまうと、夜中にタオルケットを蹴ってしまうので、お腹が冷たくなり、朝にはくしゃみと鼻水がでている状態に。

そんな時に、ちょうど良いものがないかを探したところ、ガーゼのカバーオールを見つけました!

カバーオールなので肩から太ももまでは冷えませんし、厚さがガーゼ1枚なので、暑すぎず寒すぎずで「暑いけど脱いだら寒い」時にとても便利でした。

まとめ

最初は、暑すぎないか、寒くないかをずっと気にしてヒヤヒヤしていました。でも「26℃のときは肌着と半袖と短パン」などの基準が見つかれば、そこから1枚減らす、増やす、と調節できます。

暑がりさんや、寒がりさんだとまた変わってくるかと思いますが、子どもが快適に過ごせるベストな服装が見つかるといいですね!

 

f:id:netstage:20191012102952j:plain