トレンディ ライフ !!

暮らしに役立つトレンディな情報をお届けしてます!

実は「色白」ほどシミが出来やすい事実。なぜ色白ほどシミになりやすい?

 

f:id:netstage:20191102182600j:plain

 

 

 若い頃夏場でも白く透き通っている「色白さん」に憧れた女性も多いのでは無いでしょうか?
筆者も夏場は黒く焼けやすい体質なので、若い頃は本当に羨ましかったです…
色白は七難を隠すと言われているように、多少欠点があっても肌が白く透き通っているだけで価値が高く綺麗に見えやすいというメリットもあります。

これだけを見るとやはり色白に損は無いし、プラスな事ばかり…と焼けやすい人はガックリ来てしまいますよね。
ですが色白にもデメリットはあるのです。

それが「シミになりやすい」という事です。

ではなぜ色白さんは将来シミになりやすいのか?その気になる理由をお話しします。

 

f:id:netstage:20191102182827j:plain

 シミが出来る原因って?

そもそも何故「シミ」が出来るのかをご存知でしょうか?
きちんと紫外線対策やケアをして来たはずなのに、出来てしまった…と言う方も多いです。
それで終われば良いのですが年々シミは増える傾向にあるのですね。

1番の原因として挙げられるのが「紫外線」です。
紫外線を浴びると、肌は自身を守ろうとメラニン色素と言うものを生成しますがそのメラニン色素が大量に出来すぎたり排出されないと肌の中に蓄積されて、のちにシミとなって肌へ出没します。

メラニン色素は悪者のようですが、紫外線を浴びたときにDNAの破壊や皮膚ガン、肌トラブルなどから防いでくれる役割もあります。
ですから良い面もあり、大量に生成されそれが排出されないと悪い面も持ち合わせていると言う事です。

 

 なぜ色白の人の方がシミができやすいの?

さて、本題です。
色白の人はなぜシミが出来やすいのか…

それは、色黒の人に比べてメラニン色素が元々少なく、肌を紫外線から守るための働きも弱い傾向にあるからです。
色白の人は真夏の強い日差しにあたっても、黒くならずに赤くなる人が多いですよね?
それもメラニン色素が少ないために、紫外線から防御する力も弱く炎症を起こしやすいからです。

ですから色白の人が若い頃に油断をして、紫外線対策を怠ると将来シミが一気に出やすくなるので注意が必要です。

あとは出来やすいこととは関係ありませんが、色白さんの場合肌が白いのでシミが目立ちやすいですよね?
シミ自体の色が濃いので、綺麗な白色の中で目立ってしまうデメリットもあります。

それに比べて色黒さんは、すぐに肌が黒くなるのが気になりますがメラニン色素を作る能力が高いので紫外線が当たった瞬間にメラノサイト(肌の奥にある)がメラニンを生成して黒い色素を出して肌の奥に紫外線を入れさせないようにシャットアウトしているのです。

この原理からも分かるように、若い頃はすぐ黒くなる事で悩んでいたあなたも実は黒くなることは悪いことばかりでは無かったのです。

白い肌の人は若い頃のケアが物凄く肝心になってくるので、気が抜けず意外と大変なのです。

 

f:id:netstage:20191102182918j:plain


色白の人の紫外線対策

色白の人の紫外線対策はちょっとやそっとでは出来ません。
日焼け止めを塗ることは勿論ですが、屋外に出るときにもあまり肌が露出しない格好をしたり、帽子をかぶったり、手袋をしたり、日傘をしたりと徹底的な対策が不可欠です。

日焼け止めは汗や水でも落ちてしまうので、塗り直しも必須です。

これらを徹底的に行った人は将来的にもシミになりやすくなっています。

ですから紫外線を出来るだけ肌に浴びさせない方法で防ぐことが肝心ですね。

まとめ

どうでしたか?

色黒さんは色白さんの透き通るような肌をみるとガックリしてしまいますよね…
自分はこんなに黒いのに、と。

でも色白さんほど紫外線対策は念入りに行わないと、将来的にシミになりやすくなるのです。

色白さんは若い頃から紫外線をなるべく防げるようなケアをして、将来シミにしないように心がけてくださいね。

 

 

f:id:netstage:20191102190938j:plain