トレンディ ライフ !!

暮らしに役立つトレンディな情報をお届けしてます!

育児ママ必見!実話だからハマる?!おすすめ育児漫画!!

f:id:netstage:20190917195059p:plain



 

世の中には無数に漫画が溢れています。
私も漫画が大好きで、娘のお昼寝中や出勤の電車の中など、ちょっとした時間があれば漫画を読んでいます。
その中でも、出産し育児に奮闘しているときによく読んだのが「育児漫画」なるジャンルの漫画です。
さらにその中でも、フィクションではなく作者の実体験を綴ったエッセイ的な漫画を読みました。
育児初心者だったわたしは、大変な中にもユーモア溢れる育児漫画たちにすごく救われたのを覚えています。

実話だから、共感できて泣けて楽しめる、そんな育児漫画のおすすめ作品を紹介いたします!


■『妊娠17ヵ月! 40代で母になる!』坂井 恵理

冒頭の予期せぬ妊娠に始まり、葛藤や悲しみ乗り越えて待望の出産を迎えるまでのお話です。
妊娠を経験したことある方なら、思わず「わかる!」「あるある!」と頷いてしまうようなエピソードが、非常にわかりやすく描かれています。
また、妊娠・出産・子育てに対する作者の考え方や本音が垣間見えるところも共感ができます。

40代で出産というと、世間では「高齢出産」にあたるわけです。
この漫画では高齢出産ならではの苦労する点や、逆に高齢出産だからこそ得られる良い部分なども描かれています。

同じく出産の遅かった私は最後まで一気に読んでしまいました。
途中どうしても泣けてしまうエピソードがあったのですが、その時は生まれて間もなかった娘を抱きしめて何度も「ありがとう」を言ったのを覚えています。
同じ高齢初産の方などに読んでいただきたい、おすすめ作品です。

 

f:id:netstage:20190917195231j:plain

■『ママはテンパリスト』東村アキコ

言わずと知れた大人気漫画家・東村アキコ先生の実話育児漫画です。
育児中の方でもそうでない方でも読んだ人みんなが楽しめる作品だと思います!
29歳で妊娠し、結婚、出産、育児… 常にテンパりながらも奮闘するママの姿と、それに拍車をかけるキャラを備えたご子息「ごっちゃん」の掛け合いがなんとも言えないくらい楽しませてくれます。

大変なはずの育児、もちろん作品の中でかなりママは大変な思いをしてはいますが、その差中でもママが発動させるちょっと個性的な作戦や、ぶっとんだ妄想、そして独特すぎるごっちゃんの言動などが本来の大変な育児の辛さを緩和させてくれるのです。

ちょっぴり育児に疲れたときに、ぜひ読んでいただきたい作品です。

 

■『ユンタのゆっくり成長記 ダウン症児を育てています。』たちばなかおる

ダウン症児のお母さんになった漫画家・たちばなかおる先生の作品です。
待ちに待って生まれた我が子がダウン症と診断されたら、自分ならどうするかな…、と考えさせられるテーマではあります。
重くなりがちなテーマの中ですごく素敵なのが、作者と旦那さんがとてもポジティブであるということ。
もちろん心配が絶えない大変な部分も沢山あると思うのですが、そこはあえて前面に見せず元気なユンタくんの成長が描かれています
成長がゆっくりなユンタくんですが、見てるこちらもゆったりした気持ちで成長を見守るような、笑顔になれるそんな作品です。

この作品は育児中の方はもちろん、これから出産を迎える方にも読んでいただきたいですね。
そしてユンタ君の二人の元気な弟たちとのドタバタな日常が描かれているのもすごく楽しい作品です!



【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
今回は育児ママさんにおすすめの3作品を紹介させていただきました。

実話と言っても、もちろん全ての人にあてはまる内容ではないかとは思います。
でも今回は、読んで気持ちが楽になったり、育児のストレスが緩和されたり、そんな評価の高い作品を集めてみました。
初めての出産で不安を抱えているけれど誰に何を相談していいかわからない時は、読んで参考にしてみると少し楽になるかもしれませんよ。

わたしは漫画が本当に大好きで、紹介したい名作がたくさんあります!
今回紹介できなかった作品はまた別な機会にご紹介させていただきますね!

 

 f:id:netstage:20190917195307p:plain