トレンディ ライフ !!

暮らしに役立つトレンディな情報をお届けしてます!

日焼け止めに書かれている「SPF」や「PA」ってどういう意味?選び方もご紹介

f:id:netstage:20191116104453p:plain

 

 

よく店頭で日焼け止めを見ているとパッケージの部分に「SPF」や「PA + +」などと書かれていますよね?
その意味をご存知でしょうか?

それを知らずに買ってしまうと、自分の生活スタイルには合っていない日焼け対策になり色々な無駄をしているかもしれません。

今回は日焼け止めに書かれている「SPF」「PA」とは何か?それをふまえてどうやって選べば良いのか?をご説明していきます。

日焼け止めに書かれている「SPF」とは?
まずSPFは英語の略称で「サン・プロテクション・ファクター」の略です。
SPFを簡単にご説明すると、

・シミ
・ソバカス
・紫外線B波(UVB)

をカットする力を示しています。

20分を目安にその間に何もつけていない素肌と比べて日焼けが始まるまでの時間を何倍まで伸ばせるのか?を表記しているものなのです。

計算方法としては、パッケージに「SPF20」と書かれていた場合は「20分×20=400分(6時間40分)」までは日焼けが抑制されますよ!という事になります。

 

f:id:netstage:20191116104555j:plain


日焼け止めに書かれている「PA」とは?

さて、SPFの近くに必ずこの「PA」という表記もありますがこれは何かご存知でしょうか?

PAとは「プロテクション・グレイド・オブ・UVA」の略になっていて、皮膚を黒くしたりシワやたるみの原因となる紫外線A波の防止効果を表すものです。
+の数が多いほど、防止効果が高くなります。
全部で4段階です。


SPFの数値もPAの数値も高い方を選ぶのが良い?

こうして見てくと、SPFもPAも数値が高いほど防御してくれるなら間違いなく高い方を選んだ方が良いんだ!と思いますよね?
でもそれは間違いです。

きちんとした日焼け止めの選び方とは「どの位の時間紫外線を浴びる予定なのか?」で判断をします。

そこまで長い時間ではなく、ちょっとした買い物だけなのに数値の高いものを選んでしまうとそれだけ肌には負担がかかります。
ウォータープルーフタイプであれば本当に落ちづらくなっているので、その分強い成分が肌にぴったりと密着してしまい日焼け止めのダメージを受けやすくなります。
他にも強い日焼け止めには「紫外線吸収剤」が含まれている事も多く、とても肌への負担が大きいです。

それから日焼け止めは汗などで流れてしまいがちなので、強いものを塗っても汗や水で落ちている可能性もあります。
そうすると日焼け止めの効果は薄れてしまうので、こまめに塗り直す方がよっぽど大事なのです。
出来れば1時間に1回は塗り直せると良いですね。

SPFとPAの参考例としては、

・ちょっとしたお出かけ→SPF10~20 PA++

・屋外で行う軽い運動やレジャー→SPF30以上   PA+++

・炎天下や長い時間行うスポーツ・海・お出かけ→SPF50以上  PA++++


それから肌質や生活スタイルによって「SPF重視」か「PA重視」かも変わってきます。

・日焼けで肌が赤くなりやすい人
・長時間屋外での作業やスポーツの多い人

は、「SPF」を重視してあげると肌に赤みを与える紫外線B波を抑えられますよ。

・屋内でも紫外線対策をしたい人
・シミ・シワを防止したい人
・登山等の標高の高い所へ行く人
・晴れの日以外も紫外線対策をしたい人

は、肌の奥まで届いてしまう紫外線A波を防いでくれる「PA」を重視して選ぶと良いですよ。


ぜひ参考にして見て下さいね。

まとめ

日焼け止めも数多くあり、どれが良いのか分からなくて適当に良さそうなものを選んで買っていた…と言う方もいたと思います。
ただ日焼け止めは「SPF」や「PA」の数値もとても重要になってくるので、自分の生活スタイルに合った日焼け止めを選ぶことが1番です。
何種類か持っておいて使い分けをしても良いですね。

適切な日焼け止めを選んでこまめに塗り直しましょう。

 

 

 

f:id:netstage:20191116104717j:plain