トレンディ ライフ !!

暮らしに役立つトレンディな情報をお届けしてます!

不登校児の親がとるべき基本的行動!共倒れしないための相談先を確保しよう!

f:id:netstage:20191020093105p:plain

 

 

 我が子が急に「もう学校に行きたくない!」と言い出したら、あなたならどうしますか?
とりあえず、理由を聞きますか?
それとも、有無を言わさず無理矢理学校に引っ張っていきますか?

不登校は決して他人事ではありません。
今現在、問題なく学校に通っている子供であっても、ある日突然「行きたくない!」と言い出すことも…。

自分の子供が不登校となったら、そのとき親はどうすればいいのでしょうか。
親がとるべき基本的な行動をご紹介します。

●まずは理由を聞こう

「学校に行きたい」と言い出しても、まずは怒らずに理由を聞いてあげましょう。
ただし、「いじめられるから…。」などといったような、はっきりした理由を言う子ばかりではありません。
「何となく…」「わかんないけど…」そんな一見曖昧と思われる理由も中にはあります。
大人からすれば「なんじゃそりゃ?」という理由でも、子供にとっては大問題!
根気強くそしてしつこくない程度に理由を聞いてあげましょう。
あまりにも行きたがらないようであれば、無理をせずその日1日休ませてあげてください。

 

f:id:netstage:20191020093229j:plain

●担任の先生に相談を

1日休めばスッキリする子もいれば、1日休んだことで次の日もまたその次の日も行けなくなってしまう…そんな子もいます。

後者であれば、早めに担任の先生に相談を。
ただし、担任の先生によって対応にも差がでます。

熱心に対応してくれる先生もいれば、あまり熱心ではない、または独自のやり方で子供を更に傷つけてしまう…そんな先生もいます。

担任の先生がどのようなタイプなのかを見極め、場合によっては、学年主任・教頭先生など上の立場の先生に相談し対応してもらいましょう。

●学校以外の機関に相談を

学校の先生達だけでは埒が明かない…そんな場合は、外部へ助けを求めましょう。
・市町村で行っている教育相談
・カウンセラー
・フリースクール
などがそれにあたります。

市町村などの教育相談は無料ですので、とりあえず気軽に相談できるという意味ではおススメです。
カウンセラーに関しては、学校に従事するスクールカウンセラーと医療機関等に従事するカウンセラーがいます。

スクールカウンセラーにおいては多くは無料。
ただし、相談は学校が開いている時間内のみとなる場合が多く、不登校となっている子供を連れての相談はちょっと難しいかもしれません(同級生と顔を合わせる危険性があるため)。
フリースクールに関しては、そのスクールに入ることが前提となることが多いでしょう。

●まとめ

テレビや噂などではよく聞く「不登校」。
でも、自分の身に降りかかるとどうしていいかよくわからないですよね。
近くに相談相手がいればその方に相談を。

特にそのような相手がいなければ、外部に相談をしてみましょう。
スグには答えが見つからないこともあります。
でも、まずは相談をして家庭内の悩みを家庭内だけで抱えこまないようにすることが大切です。

 

f:id:netstage:20191020093452j:plain