トレンディ ライフ !!

暮らしに役立つトレンディな情報をお届けしてます!

化粧水に表記されている「医薬部外品」って何?医薬品、医薬部外品、化粧品の違いを説明します

f:id:netstage:20190907131659p:plain

 

 

さて皆さんは化粧水の裏をじっくり見たことはありますか?

ドラッグストアで化粧水探しをしている時に、裏の表記に「医薬部外品」と書かれている商品を目にしたことがあると思います。
ただ全く知らない人からすると「医薬部外品」ってどんなものか分かりませんよね。


そこで今回はスキンケア用品に使われている「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3つをご説明していきます。


化粧品とは?

f:id:netstage:20190907131926j:plain

化粧品は主に一般的に売られている化粧水がほぼこの「化粧品」の類になりますが、医薬部外品と比較をしてみても効能や効果などがそこまで強いわけでもなく、どちらかと言うと「肌を健やかに保つ・綺麗にする・清潔にする」などを目的としている商品の事をさします。


化粧品に分類された製品は、肌荒れ・ニキビ防止・皮膚の殺菌などの効能や効果は認可されていませんので、パッケージにこれらを表記することを禁止されています。

化粧品と表記されるものの代表としては「メイク用品・スキンケア用品・ボディケア用品・ヘアケア用品・香水・石鹸」などが化粧品となっています。

医薬品のように身体に対してなんらかの薬のような目的を持ち効果を発揮するものでは無く、シミやニキビを「治す」と言った効果は無いものと思って下さい。
ただシンプルな分万人の肌に合わせやすい部分もあるので、値段も手軽で1番購入されやすい製品ですね。

 

医薬品とは?

f:id:netstage:20190907132005j:plain

医薬品と表記されているものを簡単にご説明すると、「病気の治療を目的とした薬」の事を指します。

医薬品は厚生労働省から薬という扱いで、配合している成分の有効性が認められたものの事を「医薬品」と呼びます。
一般的に売られているものでメジャーなのは「ワセリン」ですね。

病院で処方されるような医師の診断があって受け取るものでは無く、自らの判断で選び自己責任で使用するものです。

医薬品と表記されるものの代表として「風邪薬・胃腸薬・鎮痛剤・点眼薬」など私たちもよく利用する、ドラックストアなどで手に入れられる薬となっています。


医薬部外品とは?

f:id:netstage:20190907132021j:plain

医薬部外品も厚生労働省から認可されている成分のことで、治療とまでは行かないけれどそれなりに「効果・効能」に有効な成分が一定量含まれているものを指します。
治すことよりも、何かを防止したり衛生的に整えることが目的となっています。

主な目的内容としては、「ニキビ防止・肌荒れ・荒れ性・シミ、ソバカスを防ぐ・皮膚の殺菌」などに有効なものが入っています。


医薬部外品はニキビ用の洗顔フォームでよく見かけることが多いです。

医薬部外品と表記されるものの代表は、「ニキビ用洗顔フォーム・育毛剤・入浴剤・殺虫剤」があります。
人体には穏やかに作用するけれど、日常的な悩みを緩和してくれる製品が主に医薬部外品となっています。


まとめ

ドラッグストアに行くとパッケージにこれらの分類名が記載されていることがありますが、一体どういう意味でどんなものをそれらに分けて販売しているのかまでは分からない人も多かったと思います。


一般的に使われているのが「化粧品」、少し日常的な悩みに穏やかに効果を発揮してくれるものが「医薬部外品」、完全に治療や改善を目的としているのが「医薬品」となっています。
効能や効果を中心に見て行くと、化粧品→医薬部外品→医薬品の順番で医薬品が1番効能や効果を発揮してくれる製品となっています。

もしパッケージを見て悩んでいた方は、この記事を参考にしてみて下さいね。

 

 

f:id:netstage:20190907132103j:plain