トレンディ ライフ !!

お洒落と暮らしに役立つトレンディな情報をお届けしてます!

男性の髭はT字カミソリで剃るのがオススメ?それとも電動?それぞれの特徴やお勧めをご紹介!

 

f:id:netstage:20191225164336j:plain

 

男性の皆さんは、髭を剃るときにどのアイテムを使って剃っていますか?
今では便利なものも沢山売られていて、どれが良いのか悩みますよね。

一般的に使われている2大アイテムと言えば「T字カミソリ」と「電動カミソリ」ですよね。
ただこの2点、同じ髭を剃ると言う目的でもそれぞれが持つ特徴や合う人などが異なります。

そこで今回は男性の髭剃りに使う「T字カミソリ」と「電動カミソリ」の特徴やそれぞれに合う人をご紹介したいと思います。

 

f:id:netstage:20191225164511j:plain

T字カミソリの特徴は?

T字カミソリは結構幅広い年代の人に使われているポピュラーなアイテムですが、まず第一にしっかりと根元から剃れるので仕上がりが綺麗です。
刃のタイプも様々あり2枚刃~5枚刃と沢山展開されています。
T字カミソリは自分の手で思った通りに細かく動かすことが出来るので、細かい場所や細かい毛がある部分に最適です。
それから10本入って何百円なので、電気カミソリに比べてトータルで考えても安く済みます。

ただしメリットばかりではないのも確か。
T字カミソリは肌に刃が直接当たるので、肌ダメージも大きくクッション代わりのシェービングフォームなども必要です。
シェービングフォームは肌荒れする人もいるので、合う合わないがハッキリ出るでしょう。

それからお風呂場など湿気の多い場所に置きっ放しにする人が多いため、1週間ほどでサビが出てきたり剃り味が悪くなることも。
なので頻繁な交換も必要になってきます。

まとめると深ぞり出来て誰でも細かく簡単に手入れできる手軽さがある反面、肌への負担が大きく交換頻度も早い傾向にあるといった所ですね。

 

f:id:netstage:20191225164548j:plain


電動カミソリの特徴は?

電動シェーバーは主に大人の男性に使われていることが多いです。
電動シェーバーは外刃と内刃があり、外刃が肌に当たることで押し出された毛が内刃に当たることでカットされるという仕組みです。
ですからずっと肌に直接当てて剃っているT字カミソリに比べて、肌負担が少ないことがメリットです。
刃の持ち具合としては使う頻度によりますが、だいたい一般的に1、2年と答える人が多いです。
それから電動の場合シェービングフォームなどがいらないので、その分のコストがかからない事と泡やジェルなどで散らかることがないことも嬉しい点ですね。

ただし電動シェーバーにもデメリットはあります。
T字に比べて優しい剃り心地なので根元の毛が剃りきれずあまり触り心地が気持ちよくありません。
それから細かい部分にフィットさせることが難しいので後から見ると剃り残しがあったりします。
刃自体も1、2年の交換と言っても1回で結構な額がかかるのでコスパも高くなります。
あとシェーバーの注油や手入れが面倒なこともデメリットですね。

簡単にまとめると、肌を傷つけにくく交換頻度は少ないものの、剃り残しが出てきたり交換時期には高いお金がかかることもあると言う感じですね。


T字カミソリ・電動カミソリが合う人をそれぞれご紹介!

T字カミソリが合う人

・肌が荒れにくい
・自分の手で細かい場所までしっかり剃りたい
・青髭がきになる

です。
先ほどの特徴を見ても分かる通り、肌が傷みやすいのとしっかり剃れることを考えると肌が強くて深くまで剃り上げたい人に合っています。
肌が弱い人はカミソリやシェービングでも荒れたりするので向きませんね。

電動シェーバーが合う人

・肌が強くない
・浴室や洗面所以外でも使用したい人
・髭が薄い人

です。
T字とは逆で肌が弱い人や朝忙しくて手入れの時間を時短したい人にオススメです。
それから髭が濃いと剃り残しが目立つので、髭があまり濃くなくてちょっとのお手入れで割と綺麗に剃り上げられる人は電動シェーバーの方が楽で便利ですよ。

まとめ

いかがでしたか?
男性には髭剃りアイテムは必須ですが、それぞれのアイテムによって合う・合わないや何を求めるかによって変わってきます。

先ほどご紹介した特徴や合う人を参考に購入してみてくださいね!

 

 

 

f:id:netstage:20191225164633j:plain