トレンディ ライフ !!

暮らしに役立つトレンディな情報をお届けしてます!

リキッドファンデーションは何でつけるのが正解?ブラシ?手?スポンジ?

f:id:netstage:20191127155410p:plain

 

リキッドファンデーションを塗るときに皆さんはどんな方法で塗って行きますか?
手を使って塗る人もいれば、ブラシを使って塗る人、スポンジで塗っていく人様々ですよね。

実際の所どれが1番綺麗にムラなく伸ばせるのか知らない方も多いと思います。

そこで今回はリキッドファンデーションを塗る時に「スポンジ・手・ブラシ」の3つの内、どれが1番綺麗に仕上がるのか?をお話ししていきたいと思います。

 

f:id:netstage:20191127155512j:plain

リキッドファンデーションを手で塗った場合

1番昔からの定番で王道である「手」を使った方法ですが、リキッドファンデーションを手で塗っていくとまず1番に「馴染みやすい」ことがメリットとして挙げられます。
手は暖かいのでリキッドファンデーションも温まり肌にのせても温度差がなく、しっかり密着されて馴染みやすくなります。
それから鼻の横や目のキワなど細かい部分にも自由自在に塗っていけるので、1番万能な方法だと思います。

ただし手で塗っていくとどうしても濃さの加減が出来ないので、べっとりとつきすぎて厚塗りにもなりやすいです。


リキッドファンデーションをスポンジで塗った場合

スポンジでリキッドファンデーションを塗っていくと1番に「ムラになりにくい」ことが挙げられます。
スポンジが均等にファンデーションをつけていってくれるので、1番ムラになりにくく余分なファンデーションまでべっとりつくと言ったデメリットを防げます。

それと手が汚れないので朝の忙しい時間には楽です。
手でリキッドを塗っていくとかなり落ちづらく、石鹸ではシワに入り込んだリキッドファンデーションが取れないので結構大変です。

でもスポンジならスポンジが余分なリキッドを吸収して吸い上げてくれるし、手の方にまでリキッドがべったりとくっつく事もないので朝の時間短縮にも繋がります。
スポンジはツルツルした面とキメが細かくなっているスポンジ面とがあるので、リキッドファンデーションに使う際はツルツルした面を使って伸ばしていくとスポンジにあまりリキッドファンデが吸収しすぎずちょうど良いノリ具合で肌が綺麗に仕上がりますよ。

スポンジでリキッドファンデーションを扱う際のデメリットとしては、やはりスポンジがリキッドファンデーションを中へ吸収してしまう所があるので手やブラシで塗るよりも沢山使用してしまう所ですね。

 

f:id:netstage:20191127155541j:plain

リキッドファンデーションをブラシで塗った場合

ブラシでリキッドファンデーションを塗っていくと毛穴までしっかりカバーできるのでナチュラルだけどカバーされたお肌が完成します。
それからスポンジと同じで手が汚れないのもメリットですね。

ブラシを使うとリキッドを沢山使うイメージがありますが、安くて毛の硬いブラシを使用するとそういった事もおきますが少し高くて優秀なブラシを使用すればきめ細やかで厚塗りにならないナチュラルな仕上がりになりますよ。

ただどんなに良いブラシでも毛で出来ているので多少なりと肌に刺激が起こります。
それからブラシ自体をマメに洗わないと雑菌が繁殖しやすいのでこまめにお手入れできないと不衛生になりがちです。

結果どれがオススメなの?

これは自分が仕上げたい質感の理想に合わせて変える事をオススメします。
手でもブラシでもスポンジでも肌への負担は大差ないので、あとはナチュラルにしたいか、マットに仕上げたいか、ふんわり肌にしたいかで変えると良いです。
ナチュラル肌・ツヤ肌にしたいならブラシ、しっかりとカバーしてマットに仕上げたいなら手、ふんわり肌・セミマットが好きならスポンジにしてみてくださいね。

まとめ

参考になりましたでしょうか?

一昔前では手が1番リキッドを馴染ませるのに最適と言われてきましたが、最近ではブラシやスポンジも中々優秀になってきて自分が叶えたい質感に変化させる事も可能になってきたのでそこまで大差が無いように感じます。

どれが1番ではなく、自分が好きな質感になるようなアイテムを使って塗っていくと理想の仕上がりに近づきますよ!
ぜひお試し下さいね!

 

 

 

f:id:netstage:20191127155603j:plain