トレンディ ライフ !!

暮らしに役立つトレンディな情報をお届けしてます!

ビタミンCは肌に塗った方が良いもの?それとも食べた方が良いもの?

f:id:netstage:20191109175147j:plain



 

最近ではビタミンC誘導体など、スキンケア商品にも欠かせない成分となってきている「ビタミンC」ですが、元々は上から塗るものではなく食べるもののイメージが強いですよね?
確かにダイレクトに外から塗った方がお肌に効果が高そうに思いますし、食べて摂取しても体の中の色々な物質と結びつき健康や美肌へ導いてくれそうなイメージもあります。

ただ本来はどちらが肌にとって良いのか?が分かりづらいですよね。
そこで今回は「ビタミンC」を外から塗るだけが効果的なのか、食べ物として中に摂取した方が効果的なのか?をお話ししていきたいと思います。

 

f:id:netstage:20191109175336j:plain

ビタミンCを食べるのは肌に効果があるの?

ビタミンCを食べると言うことについては二極化しているように思います。

「食べた方が断然肌に良い」
「いいや、食べ物として摂取しても肌まで行き着かず意味がない」

の2通りの意見です。

意味がないとされる理由としては、ビタミンCが1番使われる場所が「脳と肝臓」なので食べたりサプリメントで摂取したとしても他の器官に使われてしまい皮膚に到達しない。
と言う意見と、ビタミンCは血液に吸収されて全身に行き届くように出来ているから末端だとしても行き届かないなんて無いと言う意見です。

実際にそれぞれの必要な器官に栄養を届ける前の動脈血では、どこを測定してもビタミンC濃度が変わらないとも言われています。

ですからビタミンCは口から実際に食べて体の中へ摂取する事は確実に意味がありますし、血液を通って色々な所に必要な栄養素として届けられるので食べる事は効果が高いです。

ちなみにビタミンCが多く含まれている食べ物は、

・みかん
・キウイ
・カムカム
・柿
・レモン
・ザクロ
・いちご
・グレープフルーツ

 

f:id:netstage:20191109175406j:plain



 ビタミンCを肌に塗るのは肌に効果があるの?

最近では「ビタミンC誘導体」など肌に外から働きかけるスキンケア商品に配合されている事も増えたのですが、正直お肌と言うものは外からの色々なものは肌へ入れさせないようにバリア機能が働くのでビタミンCは表皮層や真皮層には届かないと言われています。

ビタミンCの大きな効果とされている「美白効果」も、基底層という肌の深部まで届かないとメラニン生成を抑制する効果は得られません。
コラーゲンの生成も同様に、真皮層まで行かないと意味がありません。

血液に運ばれると細部まで行き届きやすくなりますが、外から摂取するビタミンCに関しては効果があるとは言えない部分が大きいです。

ただし例外があって、美容クリニックやエステサロンでは「イオン導入」と呼ばれる施術を行うことが出来るので、イオン導入器を使いマイナスの電流を流すことでビタミンCに含まれているマイナスの電気と反発し合い肌の奥まで浸透させる事が出来ます。

なぜ美容クリニックやエステサロンに行ってまでも施術を行うのか?と言うと、こういった理由があるからです。
強引にバリア層を突破させる方法で無いと、深部まで入れる事は不可能に近いです。

ただこういった機器を使い奥まで入れ込むと言う事は、やはり肌本来の機能とは反する部分があるので良くないと言う説もあり、結果としては外からの一般的なケアではほとんど効果は得られないと思ってください。

まとめ

食べる場合と外から塗る場合の効果をそれぞれ比較してみました。
実際効果が得られるのは「食べたりサプリメントとして飲んで中へ摂取する事」ですね。

体は簡単に外からの物質を入れないように出来ているので、一般的なスキンケアなどでとりいれる事は難しいとされています。
ですからビタミンCを積極的に摂取したければ、柑橘類や野菜などを食べたり、サプリメントで補う方が安全かつ効果的だと言えるでしょう。

 

 

 f:id:netstage:20191109175752j:plain