トレンディ ライフ !!

暮らしに役立つトレンディな情報をお届けしてます!

美肌には何故コラーゲンが必要なの?そもそもコラーゲンとはどんなもの?

f:id:netstage:20191118131419j:plain

 

 

コラーゲンは美肌にとっても大切!と言いますよね?
なんとなくコラーゲンが大切な栄養素であることは分かっていても、実際コラーゲンがお肌に働きかける役割ってどんなものがあるのか?など分かっていない人もいると思います。

そこで今回はコラーゲンとは一体どんなもので、なぜお肌に必要と言われているのか?をご紹介して行きたいと思います。

 

f:id:netstage:20191118131601j:plain

コラーゲンとはどんなもの?

コラーゲンは体を構成する上で欠かせないタンパク質の役3分の1を占めています。
そして「皮膚・骨・腱・軟骨・血管」などにとても多く存在している非常に大切な成分なのです。

体にも勿論大切な成分ですが、やはりイメージのある「肌への影響」も大きく関わりを持ちます。
実際にお肌の土台である「真皮」の約70%はコラーゲンとも言われており、ヒアルロン酸・エラスチンと共に皮膚組織を構成し、弾力や潤いを維持してくれています。

そして「骨」にも大きな関わりを持ちます。
有機成分の90%を占めるとされていて、骨の構成成分を繋ぎ止めてくれる「鉄骨」のような働きもしているのです。
他にもコラーゲンが有効的な理由として、

・爪が丈夫になる
・髪のハリやコシも丈夫になる
・骨が丈夫になる
・傷が治りやすくなる

事が挙げられます。

一般的にはコラーゲンは加齢と共に徐々に減少していくと言われており、皮膚は弾力も失い始めシワやたるみなども引き起こし、関節の痛みなども感じるようになっていきます。
ですからコラーゲンは加齢に逆らえず年々減少していき、体や肌の見た目や内部もどんどん衰えていってしまうのです。

 

f:id:netstage:20191118131630j:plain

美肌にコラーゲンが必要な理由

コラーゲンが持つ役割は沢山ありますが、お肌にとって必要と言われている大きな理由…
それは、『保水』です。

コラーゲンはタンパク質の一種でもあり、骨や関節などを繋ぎ止めたりする役目もありますが肌にとってコラーゲンは「保水」の役割を担ってくれています。
主にコラーゲンが美肌に関係すると言われている理由は、

・弾力を保つ
・水分を保ち潤いを維持する
・たるみのないハリのある肌にする

 

コラーゲンが年々減少し減っていくと、肌を上手く保水できなくなり乾燥した肌に変わってしまいます。
結果、顔下半分のもたつきへと繋がっていってしまうのです。

ですから年を重ねるごとに更に積極的に摂取する必要があります。

コラーゲンは1番に食事で摂る事が良いのですが、コラーゲンが含まれている食材は


・手羽先
・牛すじ
・豚足
・豚こま肉
・鮭
・うなぎ

 

他にもサプリメントもありますが、やはりサプリメントに頼りすぎるのは良くないので普段の食事では補えない場合のみ使用するようにしましょう。
それからせっかくコラーゲンを沢山摂取しても、揚げ物などの高脂肪食を食べすぎると善玉ホルモンが減少しコラーゲンやヒアルロン酸の低下を起こしてしまうので、気をつけたいところです。

美肌にコラーゲンは重要なのですが、コラーゲンだけを摂れば良いと言う事ではありません。
コラーゲンは元々分子が大きく、胃や腸で分解されるとアミノ酸の形となって吸収されます。
そしてこのアミノ酸がビタミンCなどで合成されて、高分子コラーゲンになります。

ですからコラーゲンだけではなく実は「アミノ酸」を摂取した方が、より体内で大きな効果をもたらせてくれるのです。
食品もアミノ酸が多く含まれているものを摂る事が大事ですね。

まとめ

いかがでしたか?
コラーゲンは肌や体内部ととても密接な関係にある事が分かって頂けたと思います。

なんとなく「コラーゲンは弾力」というイメージでハリ・ツヤの為と思いがちですが、肌にとっては保水だったり骨や血管にも重要な役割を担ってくれているのです。
ですからコラーゲンが含まれた食材を積極的に食べて、いつまでも若々しい美肌を維持しましょうね。

 

 

 

f:id:netstage:20191118131648j:plain