トレンディ ライフ !!

暮らしに役立つトレンディな情報をお届けしてます!

市販の離乳食は高カロリー?離乳食とミルクの関係は?

f:id:netstage:20190824084206p:plain

 

 

 離乳食って、「いつ頃から始めれば良いのか」「どれくらいの固さがベストなのか」「どれくらいあげれば良いのか」「外出時はどうすればいいのか」など、
分からない事ばかりで、結構ママさんの悩みの一つになりがちです。

普通の食事とは作り方も味付けも全く異なるので、戸惑いも多いことでしょう。

 

更に昨今は、「市販の離乳食」というのが普及していて、このインスタントの離乳食の利便性に頼りっぱなし!というママさんも多いでしょう。

実はこの市販の離乳食というのは、便利が故に「落とし穴」も結構存在するのです。

今回は、そんな市販の離乳食が我が子にどのような影響をもたらすのかを紹介します。

離乳食は利便性が良く、使い勝手が良い

f:id:netstage:20190824084756j:plain

離乳食を作ったことのある人は分かると思いますが、鍋で野菜や肉などをじっくりと煮込み、その時期に合った固さや味付けで調理を行ないます。

でもこれって、結構手間が掛かるんですよね。

大人が食べる物とは別で作らなければならないし、火加減や具材のカットの仕方なども都度都度異なるので、正直毎日作るとなると結構しんどいです(笑)

 

そんな悩みを解消してくれるのが「市販の離乳食」なのです。

ドラッグストアや、スーパーなどのベビー用品コーナーにいくと、瓶詰めの離乳食が売られていますよね。

あれは、月齢ごとに食材や、食材の固さなどが細かく分けられていたり、持ち運びに便利なように作られているので、忙しいママには本当に
ありがたい商品なのです。

出先で手作り離乳食を持ち運ぶことは難しいですが、市販の離乳食なら必要なときに必要な分だけ購入が出来るので、世のママ手助けとなる一品なのです。


離乳食は市販で済ませて良いのか!?

f:id:netstage:20190824084841j:plain

市販の離乳食がこれほどまでにクオリティが高いのであれば、手作りにする必要はないのでは?と考えるママさんも多いでしょう。

しかしそれは「間違った考え」です。

不思議なことに市販の離乳食は手作りの離乳食よりも「食べが良くなる」ことが多いです。

 

その理由としては、「味付けが濃い」という事にあります。

大人だって薄味よりかは、濃い味付けの方が食は進みますよね!?

それと同じで、赤ちゃんの中にも「濃い味付けの方が美味しい」という感覚はあるのです。

そんな市販の離乳食を与え続けていると、手作りの食事を嫌がり、偏食が多くなる可能性が高くなるのです。


離乳食とミルクの関係

f:id:netstage:20190824084919j:plain

生後間もない赤ちゃんは、ママさんの母乳で栄養を補給し、その後はフォローアップミルク、そして離乳食と順を追って以降していきます。

離乳食を始めたばかりの頃は食べが良くないので、どうしてもミルクとの併用になります。

しかし、市販の離乳食というのは味付けが濃いので、どうしても手作りの離乳食よりかは「高カロリー」になっています。

市販の離乳食をしっかりと食べているにも関わらず、その後普段と変わらずミルクを与え続けていると「栄養の過剰摂取」となってしまいます。

 

離乳食をしっかりと食べているのであれば、必要な栄養は離乳食で補えているので、ミルクを与える必要はありません。

あくまでもミルクというのは、離乳食だけでは補えていない栄養素を摂取するためのものなので、栄養の過剰摂取には気をつけなければなりません。

特に市販の離乳食は高カロリーになっているので、離乳食の食べとミルクの関係が難しくなってしまうのです。


まとめ

「離乳食は作るのが難しい」「いつ頃から与えれば良いのか分からない」「手作りだとなかなか食べてくれない」こういった悩みは尽きないと思います。

この悩みを解決するのに市販の離乳食というのはかなり便利な物と言えます。

しかし、市販の離乳食は高カロリーが故に、どうしても食べが良くなってしまいます。

そうなると、手作りの味付けを嫌がったり、ミルクと併用することで「栄養の過剰摂取」にも繋がります。

 

市販の離乳食は便利な物でもありますが、それに依存しすぎると赤ちゃんの体質にも変化が起こるだけでなく、「家庭の味」に馴染みがなくなってしまうので、
注意が必要だと言う事は頭に入れておきましょう。

 

 

f:id:netstage:20190824084956j:plain